logo_wh

信州の今に
新たな価値を創造し、
未来に紡ぐ

Shinshu creates new value,
Spin into the future.

Vision

長野と共に成長し続ける
ビジョナリーカンパニー

信州をもっと盛り上げたいという想いから
長野を地元とする長野市役所で働く兄と渋谷区役所で働く弟が立ち上がる。
信州の魅力を最大化し世界へ発信すべく様々な事業を創出することで、
経済成長に貢献し、雇用を生み出し、全世代の人の未来と希望を生み出す。

Service

事業内容

  1. 1.食文化事業

    信州に新しい食文化を提供すべく「ひととき」ブランドを展開しています。
    2019年6月に第一号店舗となる「ひとときwith Tea」をオープンして以降、信州のトレンドを席巻し、信州と共に成長し続けていけるお店を企画運営しています。
    また、お客様とのコミュニケーションを大事にすることで一緒にお店づくりをしていく姿勢を持ち、信州で愛され続けられるブランドとなるよう様々なチャレンジを続けております。

  2. 2.クリエイティブ事業

    どんなに素敵な商品やサービスでもその魅力を最適に伝えられなければ価値は半減してしまいます。
    我々は、モノゴトの文脈をしっかり汲み取り、共感されるデザインとして表現します。
    HPやパンフレット、ロゴからパッケージまで、想いのこもったクリエイティブを提供させていただくことで信州の魅力を一つでもより一層輝かせてまいります。

  3. 3.地域商社事業

    信州には、魅力溢れる産品や商品が数多くあります。それらの価値を最大化できるよう企画し新たなブランドとして販売したり、本来ある魅力が最適に伝わるような販路の開拓を通じて、生産者に還元していきます。
    また、都心部や世界のトレンドを地域に根付かせるようなインバウンドの視点も積極的に取り入れ、様々な角度から信州をより良くする仕掛けをしてまいります。

Tapioca

ひととき with Tea

「人と気」の距離感を大事にし、
「日と時」を共に刻み、
特別な「ひととき」を過ごしてもらう、あたたかくやさしいサービスを提供

なぜタピオカドリンク専門店を第一号店舗にしたのか。
2019年現在、台湾発祥のタピオカドリンク専門店という業態が
日本全国で若者を中心にブームになっている。
しかし、ひとときwith Teaのオープン以前は長野県内に専門店はなく、
若者は都心へ流出、機会損失が起こってしまっている現状を知った。
長野県としても若者を中心とした消費や雇用の県外流出が地域課題となっているため、
新しい食文化として若者人気のタピオカドリンクを根付かせることで、
課題を解決するひとつの布石を打てればと考えた。

「信州を盛り上げたい」の一心で始まったプロジェクト。
気づけば、長野での飲食店舗のオープン時の記憶を辿る中でも、
記録的な長蛇の列が長期に渡って続いた。
これをブームで終わらせるのではなく、愛され続けるお店経営を目指して、
ひとときブランドの挑戦はこれからも続いていく。

  • 時間感覚 - 特別なひとときの演出を

    お客様にとって忘れられない瞬間を、記憶に残る思い出の1ページを演出

  • 地産地消 - 安心感と共感を

    信州の食材・素材を使ったオリジナル商品を提案

  • メッセージ性 - 想いのこもった言葉を

    お客様との関係を第一に、あたたかくもやさしいメッセージを提示

店鋪情報

〒380-0822
長野県長野市大字鶴賀南千歳町880-1 しらかばビル 1F
TEL:026-217-0352

Instagram

Contact

お問い合わせ

ご質問などの各種お問い合わせはこちらからお願い致します。
以下の項目に入力の上、内容確認ボタンを押してください。
送信が完了しますと、ご記入いただいたメールアドレス宛に、自動返信メールが届きます。

お名前
お名前 (ふりがな)
メールアドレス
メールアドレス (確認用)
お問い合わせ内容